ガールスカウト千葉県連盟キャンプin戸隠

私のガールスカウト生活23年の集大成ともいえる、キャンプでした。

今年から、千葉県支部→千葉県連盟へと団体が変わった最初の大きな連盟行事。
千葉県のガールスカウト、小学4年生以上が参加しての大きなキャンプ。
最終的には400人規模だったそうです。

ガールスカウト日本連盟で管理している、戸隠ガールスカウトセンターで8月9日~12日までキャンプをしてきました。
団単位での参加申し込みとなるので、私の所属する団みんなで参加でした。

全体的に大きなキャンプサイトを3つ作り、そのキャンプサイトの中で5・6人のグループ(パトロール)に分かれてテントをたてたり、料理を作ったりしました。
リーダーは、いろんな役割分担がありましたが、私はパトロール付きになり子どもたちと一緒に活動をしてきました。

戸隠ガールスカウトセンターでのキャンプをするには、基本的な技術力を持っていないと難しいところです。
なだらかな斜面に青々とした芝生と白樺の木が生えているようなところです。
一般のご家庭が、車に乗ってぶーんと行ってキャンプをするところとは違います。
何もない所にテントを立て、配給物を斜面の上から下の本部まで台車で取りに行くなどなど・・・。
とにかく、あのなだらか斜面が足に辛いw

8月9日は4時起き。集合5時45分。同じ地域の4ヶ団でバス一台仕立てて出発。
約6時間のバスの旅。
戸隠キャンプ場入口から、3泊4日分の大荷物を持って、キャンプ場一番奥のガールスカウトセンターまで、徒歩15分。小学4年生の子どもたちが自分の荷物を自分で持ってしっかり歩きました。

センター到着後、千葉県連盟キャンプ村の開村式!
私が一緒に活動する子たちは、6年生2人、5年生2人、4年生1人の5人のパトロール。
パトロール内での役割を決め、子どもたちとテントとクッキングテントを立てて、夕食。

やはり、ちょっと4年生の子は、荷物をまとめたり、みんなと行動するのがまだ難しい?
5年生と4年生でこれだけ差があるとは・・・。
1年違うだけでもすごく成長するんだなと、感じました。

夕方以降は、寒いくらいです。長袖の上に防寒着を着ていました。
星空は、言葉にできないほどきれいでした。空一面の星!
星空がきれいに見えたのは1日目のみでした。子どもたちも見た!って言ってましたw

8月10日、大人は5時30起床。子どもたち6時起床。

c0147652_1049132.jpg


朝5時半の戸隠キャンプ場、子どもたちが起きる6時ではこの景色はもう見れないのです。

6時に起きて、6時半に朝ごはんの食材の配給があるのに・・・・
6時25分ころにようやく外に出て来て、顔も洗う間もなくそのまま食事にww
子どもに30分で朝の支度をしろとは難しいかな?
でも、そうやって無理にでも時間の使い方を学ばせないと、いつまで立っても動き出さない、親がやってくれると思う子になってしまう・・・。
ついつい、大きな声が出てしまいますが・・・怒ったようにならないかと注意してます。
ちょっと茶化した感じで注意する、それでだめならいい加減にしなさい!って言うけどね。

2日目は、キャンプ場の外でのいろいろな体験活動。
これはコース別になっていて事前に決まっているので、一旦みんなとバイバイ!
私は、黒姫童話館+アイスクリーム作りのコースでした。
黒姫高原は、広々とした景色と気持ちのいい風が吹いていてとても良い所。

c0147652_10505777.jpg

黒姫童話館から見た黒姫高原

c0147652_10515287.jpg

童話館建物のレリーフ。 

童話館も、昔読んだ絵本や、日本の昔話の紹介がありました。
つい懐かしくて、絵本をもう一度読みたくなりました。

夜はキャンプファイヤー!
っと思ったら・・・4年生の子が、テントの中で泣いてます(-_-;)
お母さんに会いたい・・・・ホームシックですね。けっこういます、よくあることです。
夕方には外は真っ暗、テントの中も狭いし、怖いし・・・不安になるんです。
キャンプセンターのクリニックに連れて行って、電気のついた部屋で少し休憩させ、私は他の子どもたちをキャンプファイヤーに参加させるためにその場を離れ、15分後くらいに様子を見に行ったら、
泣いたままだけど、キャンプファイヤーの音が気になって、戻って来ようとしていたところでしたwww
暗くて怖いけど、気になるのねw

8月11日、ちょっと天気が不安定。
今日は、オープンディ。全日程参加できない子どもやリーダー、保護者などが自由に来て参加できる日です。あっちこっちでゲームや食べ物のコーナーがあり、みんな楽しそうに回っていました。
私は、最初に子どもたちと回ったゲームコーナーで、人手が足りないと言われそのままお手伝いにまわり、
他はどこにも行かなかったwwww

c0147652_10524548.jpg

あざみととんぼ

夜は、料理コンテスト。
あんまり案はなかったけど、パンダ型を持って行って熊と見立ててのカレーライス。
残念ながら賞は取れませんでした。やっぱり中学生以上が取りましたww

8月12日 晴天!!
もし、雨ならテントはたためないので徹営なしでしたがwwwそうはいきません。
子どもたちとテントとクッキングテントの片付け。
もう疲れてへろへろな最終日に、大仕事です。
言ってもなかなか動かない子どもたち、疲れてますからね・・・
休憩をはさみつつ、分担をして、声を枯らしながらなんとか片付け完了。

パトロールでの最後の昼食。
これが終わると、それぞれの団や地区に分かれてバスに乗って帰っていきます。
千葉県中から集まっていますのでまたどこかで会える人たちはいるんでしょうが・・・
私は2週間後に北海道へお引っ越し。
それを知ってる私の見ていたパトロールこの子たちが、パトロール旗に私へのメッセージを書いてプレゼントしてくれました(/□≦、)エーン!!

c0147652_1053787.jpg

えりこちゃん、さくらこちゃん、ゆうかちゃん、ゆまちゃん、あかりちゃん!ありがとう!!

本当は私もみんなのチーフにメッセージを書いてあげたかったのですが、なにせ忙しくて全員分書く余裕
がありませんでした・・・。
引っ越し後、もらった名刺にお手紙を書く約束をしました。

荷物を片付け、最後、他のキャンプサイトの人たちや連盟のスタッフの方々と、「ありがとう!」「またね!」
「元気でね!」と声を掛け合いました。
私の結婚の話を知ってる方からは「おめでとう!」と言ってもらえました。
やめちゃうのを残念と言ってもらえて、そう言ってもらえる存在でいられたことが、嬉しかったです。

最後のキャンプが戸隠なんてこれ以上の幸せはありません。

キャンプのスタッフ、参加したリーダー・スカウト、見送ってくれた保護者や参加できなかった人たち・・・
いろんな人の力があってできあがったキャンプ。
大変でしたが、学ぶこともいっぱいありました。

きつかったけれど、あっという間で、夢のような4日間でした。

これで私のガールスカウト活動は、終わります。
自分が今、なんとか人並みくらいには、見かけくらいは、ちょっとだけだけど、いろんなことができているのは、ガールスカウトを続けていたからだと思います。
途中でやめていたら、すべて中途半端なまま、ダメな人になっていたと思います。
いろんな経験と、自信をくれたガールスカウト。
励まし、手を貸してくれ、チャンスをくれたいろんな方に感謝の気持ちでいっぱいです。

もちろん、やめたあとも、私はガールスカウトのままです。
一度ガールスカウトになったら、一生ガールスカウトなんです。
「やくそくとおきて」 を守り、BPの言葉を胸に、これから生きていきたいと思います。

おきて3
わたくしは、すべての人の友達となり、他のガールスカウトとは姉妹です

ありがとうございました!
[PR]

by Moegi22K | 2012-08-13 10:54 | 今日のこと